消費者金融の金利は上限が決まっている

お金を借りた時は借りた分に利息を付けて返済するので、
金利はできるだけ低いほうがお得です。
お金の借り先は消費者金融のキャッシングや、
クレジットカードのキャッシング、銀行のカードローンなどいろいろあります。

消費者金融は審査がスピーディーで即日融資が受けられる、
クレジットカードはATMで手軽に借りられる、
銀行のカードローンは金利が低い、利用限度額が高いのが魅力です。

利息上限法で上限利息以上に金利がなる事はない

消費者金融というと高金利なイメージがありますが、
最近では利息制限法で上限利息が定められています。
消費者金融各社で競争が激しいためか、低めになってきています。
利息の付き方は日割り計算で算出されているので、
ご利用した日数分だけ、早く返済するほど利息の出費を抑えることができます。

返済方式を理解して返済の負担をなるべく減らす

消費者金融のキャッシングや、クレジットカードのキャッシング、
銀行のカードローンの返済は、ご利用残高に応じて毎月の返済額が変わる
残高スライドリボルビング返済方式を採用していることが多いです。

分割払いでは12回払いや24回払いなど支払回数を決めてから毎月の返済額が計算されます。
残高スライドリボルビング返済方式では毎月の返済額を無理のない
一定額に決めてから、返済回数が計算されます。
毎月の返済額は最少で、これ以上なら自由に返済額を決めることができます。
余裕を持った返済ができそうですが、追加で借り入れを繰り返すと
返済期間が長引いてしまい、利息分の負担が膨らんでしまう事があります。